男子厨房に初入りベトナム風ラーメン

シェアする

うぉっほん。

いやまあ、照れ隠しなんですが。本来は、このブログ、あらかん流のちょいこだわり風クッキングを書いてみようね、というカテゴリーなんですが、料理ともいえないような面白いモノを発見したのです。見つけちゃったのです。で、料理法がもう、恥ずかしくなるような料理法なんでございます。

でもね。

あらかんのしかも、例えば私マリオのような男性で、ご飯も炊けない、味噌汁もどうやってつくっていいかわからない、それどころか、お湯も沸かせないような場合でも、うん?できちゃいそう! という食材を見つけたのです。

出雲ならではの男の料理

じつは、島根県出雲市にIターンして3年、声を大にしていいたいことがあります。すごいことに気づいたのです。それは・・・、

「出雲の女性はとても親切で優しいのだ」

男性をたててくれるし、大事にしてくれます。誤解を恐れずに書いちゃいますと、いまどき、めずらしい亭主関白を実現してくれるのです。

ぜひ、東京で鬱々としている独身男性諸君、出雲よいとこ一度はくるべきです。

私あらかんマリオがこちらで知っている何人かの男性の、そのうちの何割かは、なんと厨房に入ることなく、ご飯も炊けず、お湯さえも沸かしたことがないというのです。ぜーんぶ、お母さんまたは奥さまがやってくれるのです。だから、座って待っていれば、お膳が前に出現するというわけです。すごいでしょ。

だからぁ、東京で、コンビニ弁当召し上がっていたり、仕方なく自炊していたりする男性諸氏諸君、ぜひ、出雲にいらっしゃいませ。

ただ、ただね、出雲の女性は、ただ優しいだけじゃないということだけは、付け加えておきます。ただより高いものはないってのが世間の通り相場。そこには、深い深~ぁい戦略といいますか、深謀遠慮があるといえそうなのです。これについては、あらためて。

いまは、出雲の女性を敵に回すことをせず・・・、

とにもかくにも、お湯さえも沸かしたことのない男性でも、誰もが大好き、いまや日本の国民食ともいえるラーメンをつくって食す権利はあるだろうと、今回ご紹介するのが、ベトナムラーメンなのです。え? 日本のラーメンじゃなくて、ベトナム?

だからぁあ、見つけちゃったんです。

出雲市にゆめタウン出雲というショッピングセンターがありまして、そこに、話題のKALDIという名前の、ちょっとごちゃごちゃした商品陳列のお店があるんです。気にはなっていたんですよ。チーズや生ハムや世界各地の調味料やお高めコーヒーなんてものが、ほんとうに所狭しと置いてあるんです。まるで浅草の遊園地「花やしき」みたいな食品のワンダーランドって具合。

kaldi出雲店

出典は、https://goo.gl/uttsjw

そこにあったのです。

緑のインスタント袋ラーメン

その名も「パクチーラーメン」があったのです。

パクチーラーメン袋入り

オシャレですね。この色づかい、産地はベトナムです。

袋の写真

パクチーって、最近そういわれるようになりましたが、かつてはシャンツァイと読んでいたものでした。お料理番組では、「こうさい」と、漢字名「香菜」をそのまま読んでいました。じつは、コリアンダーとも呼ばれるんですが、どうやら、学名(Coriandrum sativum L.)に近いのは、コリアンダーなんてすね。

それは、ともかく、大好きです。あっさりスープに浮かべるともうそれだけで、エスニック。鶏ガラスープに浮かべるだけで、気分は東南アジア。

つい先ごろ、出雲市に出現したイオンモール出雲の野菜コーナーにも、ナマのパクチーが並ぶようになりました。ありがたいことです。

さぁ、お湯を沸かすこともできない、いや、しない男性諸君でもできるパクチーラーメンをつくってみましょう。

もしも、休日の昼、奥さまがお出かけになって、あらかん男性がひとり残された場合、お湯さえ沸かすこともなく、ラーメンができちゃうのです。

「おとうさん、冷蔵庫にある冷凍ピラフ、チンして食べてね」なんて言われたときだって、胸を張って、言っちゃうわけです。

「ああ、オレのことは心配しなくていい。きょうはエスニックなランチしちゃうから」なんて、いかが? これで、あらかん男も自立できるかも。

いまやラーメンは電子レンジでチン

パクチーラーメンの袋の裏をご覧ください。

いかがです。目から鱗ってヤツ。

ドンブリにぜーんぶ入れて、500ワット電子レンジで3分半です。

それだけです。ね。お湯も沸かさずにできちゃうのだ。

じゃ・・・。やってみましょう。

ただ、まぁ、これだけだと、寂しいし、栄養的にも問題ありそうなので、野菜のトッピングも考えてみました。これも、チンするだけです。

まずは、ラーメンの袋を丁寧に破ってから、ドンブリに投入します。

麺は、ご覧のように、細~い麺です。上品な感じもします。こうなるとワクワク期待は否応なくふくらみます。

ここにスープなどを投入しますが、順番は、お好きずき。写真を撮ることを考えると、ラーメン→乾燥パクチー→粉末スープ→香味油ってところでしょうか。そこに、ドバドバと水を350ml、きちんとちゃと計量して加えます。うーん。350mlって、中途半端だよね。でも、ここ、ポイントなんですね。

じゃ、やってみましょうね。べつに、怖がらなくていいんですよ。

やれば、(きっぱり)できます。

すごいでしょ。パクチー美味しそうです。写真だけでも香りがたってきます。

そこに水を加えます。問題の350ml。

カップ1杯と4分の3です。って、どうすりゃ、いいのさ。4分の3って。もちろん、4分の1を3杯でもいいわけです。

うーん。なんでしょう・・。この写真を見ると、さらなる不安をおぼえます。

これで果たして、正しくラーメンになるのでしょうか。

ここで、トッピングする野菜を適当に食べやすく切って、軽く塩こしょうしてから、3分ぐらいチンしておきます。このとき、ラップするのを忘れずに。ぴったりラップしなくていいですよ。蒸気が通るようにふんわりで、けっこうです。ラップですから。

さぁ、いよいよ麺とパクチー、スープ、香味油、ぜーんぶを入れたドンブリにやっぱりかるくラップして電子レンジへ。

たった3分半のチン

電子レンジで3分半は結構長いです。だから、取り出すとき、やけどに注意してくださいね。

いよいよできあがり。すぐに、箸でかき混ぜてくださいね。

ラーメン完成の図

おお!

パクチーまみれのラーメンだ。ベトナムです。

ここで、野菜をトッピングします。

ラーメンに野菜をのせて完成

どうです。

完成です。バランスも良さそうです。これであなたも、出雲女性の深謀遠慮の戦略から、雄々しく立ち上がることができるかもしれません。

おおっと。今、出雲女性を敵に回してしまったかも。出雲男性諸君諸氏たすけて・・・。

ちなみに・・・。お味は、とってもいい感じです。歯ごたえは、ちょっと固めですが、少し蒸らせばふっくらしてきます。このあたり、むかし食べたカップヌードル的な縮れ麺的懐かしい感じがします。

ただ、ちょっとパンチが効いていないかなって方は、ベトナムの調味料「ニョクマム」を少しばかり加えるといいかでしょう。日本の「しょっつる」のような魚醤(ぎょしょう)です。ベトナムではニョクマムですが、タイではナンプラー。お国自慢の風味です。

魚醤って、ちょっと使うだけでも、もう、その国、その地方の雰囲気が再現されます。
ぜひ、お試しあれ・・・。

さぁ、あらかん男性、いえ、お湯も沸かせぬいい男たち、おいしいもの簡単につくろう!

とここまで書いて、百均に行って、びっくりしたんです。

なんだラーメンチンってふつーなの

お湯も沸かすことなく、鍋も使わずラーメンができちゃう。なんて、感動していたら、時代はもうすっかり電子レンジでラーメンなんですね。

この日、大層な名前の百均にいったら、ありました。

電子レンジ用ラーメンどんぶり

出典:http://gigazine.net/news/20161120-donburi-irazu-daiso/

なんだ、知らなかったの、この歳まで生きてきて、ちっとも知らなかったの、私だけだったのでしょうか。あらかんとしては、まったくお恥ずかしい。

で、こうなったら、ネットで検索。ああ。マリオが大事に使っている圧力鍋のメーカーからも出ていました。

ちょっと、まとめてご紹介。

いやぁ驚きました。脱帽ですう。たまには、百均、グルグル回らなきゃね。

失礼しました。

長文、ここまでお読みくださって感謝いたします。もしも、「面白かったよ」と思われた方、こちらの3つのボタンを、ポチ・ポチ・ポチっと
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
クリックしてくださいませ。m(__)m