脱脂粉乳?否!スキムミルクで健康飲料

シェアする

スポンサーリンク

あらかん世代の皆さま、覚えてらっしゃいますか? とおい日の少年少女時代。午前中の授業が終わって、お腹ぺこぺこ二なって迎える給食の時間。主食はカリッと乾いた食パンやクリームみたいなバターをはさんだコッペパン。それにベストマッチしたのが、大きなカンに入って配られる、ミルク。

これを、口の悪い人は、脱脂粉乳なんて言っていたっけ。っけっけ・・・。

あまり人気なかったけど、お調子者のばかな男子が、お代わりしてがぶ飲みしたりして。でもね、ここまで成長できたのも、あのミルクと呼ばれる脱脂粉乳のお蔭かもしれません。

時代は変わって、平成の御代。

スキムミルクというカルシウムタップリなのに低カロリーなオシャレなミルクが出現していたんですね。

あらかんマリオ、その正体を知りませんでした。なのに、前回、このブログで、ラーメンに入れて悦に入っていたのでした。

今年はどうやら厳しい冬になりそう、ならば、スキムミルクをつかって、ほっこり温まるラーメンをつくりましょう。鍋ひとつでできます。

調べてみました。

スキムミルクの正体。驚くべき事実を突きつけられたのでした。

メーカーのサイトをみてみました。雪印乳業 お問い合せセンターです。

製造しているところが一番よくご存じだと思ったからです。

Q. スキムミルクとはどのようなものですか?

A. 牛乳から脂肪分を除いた脱脂乳を粉末状に乾燥させたものです。乳脂肪がほとんど含まれていないので、低カロリーでたんぱく質やカルシウムはしっかり摂れます。

「脱脂乳」という言葉が出てきました。脱脂粉乳とは違うのでしょうか。

つづいて森永乳業です。粉乳ってなあに?

脱脂粉乳(スキムミルク)
牛乳からクリーム分をのぞいて粉にしたもの。脂肪分がほとんどなく、カルシウムとタンパク質がたくさん含まれている。お料理にも使える。

わ。わ。わ。

脱脂粉乳(スキムミルク)となっています。

ほぼ、イコールの関係なのでしょう。

で、いま、なぜ、脱脂粉乳なんでしょう。いえ、スキムミルクなんでしょう。

それは、その栄養価と粉末ゆえの取り回しの簡便さにあるといえそうです。パンつくるときも、投入するだけでいいし、料理にもわりと溶けやすいし。しかも、低カロリーでカルシウム豊富とあれば、女性に人気もうなづけます。スキムミルクの袋の裏には、グラフもあります。

スキムミルクの成分

要するに、身体によさそうなんですね。まずいという印象をおもちの皆さんも、この際、少年少女時代のほろ苦い思い出を振り切って、平成の脱脂粉乳・・・いえ、スキムミルク、味わってみましょう。

今回は、超簡単な健康飲料をつくっちゃいましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スキムミルクを美味しく

いえ、昔懐かし脱脂粉乳ということならば、そのスキムミルクと名前を変えた粉をお湯で溶いて飲むのもいいでしょう。

でも、やっぱり、悪いイメージもあります。

あの、給食の時間、ミルクという名の脱脂粉乳がいやだったという人、たくさんいるはずです。では、美味しいミルクで健康にもいいという飲み物をつくってみましょう。

スキムミルクにベストなきな粉:材料

  • スキムミルク:おおさじ3
    スキムミルク
  • きな粉:適宜 今回は、たまたまあった、「黒ごま・アーモンド・きなこ」という混合タイプ
    きな粉袋
  • 砂糖:お好き好きに
  • お湯:1カップ(60~70℃)

さて、つくりましょう。まぁ、材料ごらんになって、もう、おわかりでしょう。

スキムミルクにベストなきな粉:レシピ

  1. お湯をわかしましょう。60℃程度のお湯をつくります。泡がぷくぷく出はじめたら60℃ぐらいです。これは、気圧によっても変わりますが、まぁ、だいたいでいいでしょう。
  2. カップに、スキムミルクおおさじ2~3ときな粉大さじ1程度を入れ、甘くしたい場合は、砂糖を加えます。
    ミルクときな粉
  3. お湯を加え、スプーンでまぜまぜ。
  4. 熱くしたい場合は、レンジで10秒程度温めます。

いかがですか?

あっという間です。

きな粉ミルク

やっぱり黒ごまは、混ざりません。でも、ちっとも気になりません。

香ばしくて、とても爽やかです。砂糖はなくても旨味があります。

今回は、たまたまあった「黒ごま、アーモンド、きな粉」ってのをつかいましたが、いろいろと試したいところですね。

これで、さらに健康飲料度アップです。

それから、60℃程度のお湯ですが、熱湯とほぼ同量の水を混ぜてもできます。このほうが簡単かもしれません。

お試しくださいませ。

スキムミルクにベストなきな粉:実食

まぁ、味は、それぞれでしょうが、私マリオは好きです。

ただ、スキムミルクを毎日飲もうかという気分になるかどうか、それは、ちょっとわかりません。

長文、ここまでお読みくださって感謝いたします。もしも、「面白かったよ」と思われた方、こちらの3つのボタンを、ポチ・ポチ・ポチっと
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
クリックしてくださいませ。m(__)m
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする