出雲は海の幸!冬はカニだ水蟹だ

シェアする

出雲にIターンしたばかりのころ、スーパーの魚介類売り場で、驚いたのが、サワラのお刺身がお手ごろ価格で並んでいたことでした。

出雲に来る前、東京では、サワラと言えば、煮物・焼き物ぐらいでした。だいたいが、お弁当のお総菜でした。それが、なんということか、こちらではお刺身として、ふつーのお魚屋さんで売っているのですね。

あらかん男としては、魚介売り場で、くらくらっと、めまいを覚えたほどでした。

お待たせいたしました。今回は、日本海ならではの魚介ネタ。

なんと、出雲生まれの妻が、彼女の知り合いから、生のカニをいただいたのです。隠岐の島から届いたと言うことです。日本海に浮かぶ、世界ジオパークの隠岐の島です。

どんなカニかといいますと、これが、はじめて聞く名前!

「水蟹」

ご存じでしたか? 皆さま、早速、ネットでググってみました。

脱皮直後のオスの松葉ガニ

つまり、若い松葉ガニなんでしょう。別名として、若い越前ガニということなんでしょう。

でも、あの、高嶺の花「松葉ガニ」なんです。若松葉とも呼ばれるようです。

粋ですね。いなせですね。

では、つつしんでいただきましょう。

若い松葉ガニ「水蟹」

若い松葉ガニ・・いってみれば、若松葉! いい名前ですね。

今回、なんと2匹もいただいちゃいました。

で、どんな蟹かといいますと・・・こんなかに

生のカニ

ごめんなさい。よくわかりませんね。

この、若者の松葉。どうして差し上げましょう。

鍋にするには、ちょっと足が細い感じだし、なにより繊細な若者を鍋の中でごった煮にするのは、可哀想な気もします。

料理としては、焼くか蒸すかってところでしょうか。

まずは、味を含んで美味しそうな白菜とエノキを敷いた上に鎮座していただきました。

蒸しカニ

いかがですか。

いかにも、若衆ガニです。手足が透き通って、しかも輝いています。

ところどころ、玉虫といいますか螺鈿といいましょうか、金色に輝いているんです。

顔と爪のアップです。

蒸しカニアップ

ね。爪のあたり、金色に輝いているでしょう? わかりませんか?では、さらに・・・

きらきら

いかがですか。

金色でしょう。これが、脱皮したての「若松葉」です。

もう一品は、やっぱり焼きガニです。フタをはずして、オーブントースターに投入。

焼きガニ

これを焼くだけ。

それだけでも、美味しいのです。いえ、これが最高に美味しいと思います。

それにしても、みずみずしいですね。若いっていいなぁ・・。

できあがり!これだ

まずは、蒸した若松葉・・・水蟹その1

蒸したカニ

これは、カニも美味しいけど、白菜やエノキに味や香りが移って、というか、相乗効果で美味しくなります。

もちろん、蟹ミソが蒸しているので、味が凝縮しているようで美味しさもアップしています。

・・・

お待ちかね。焼きガニの登場です。

焼いたカニ

蟹ミソが黒くなって、ちょっと見栄えはなんなんですが、美味しいですよ。

足は若い松葉ですので、ジューシーです。しかも、香ばしくなっていました。

山陰の冬はもう蟹蟹蟹・・・だと思われましょうが、松葉は高い。紅ズワイガニあたりだとかなりお安くなりますが、松葉は高い。とくに、生の松葉は高い。

もう何度も言っちゃいますが、高いのですが。この、水蟹、若松葉は、それよりもお安いけどジューシーだし美味しいし、楽しめます。

そう、センダンは双葉より芳しってやつです。

山陰においでの際は、ぜひ、お試しください。

長文、ここまでお読みくださって感謝いたします。もしも、「面白かったよ」と思われた方、こちらの3つのボタンを、ポチ・ポチ・ポチっと
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 出雲情報へ
クリックしてくださいませ。m(__)m