出雲でいつか見た風景あらかんが歩く

シェアする

東京では、夏の時期にウォーキングするのがつらかった、いえ、まぁ、楽しみもありました。はい。たしかに・・・。

たとえば、文京区の自宅から、東大の構内を通り抜けて、秋葉原まで一気に歩いて、そのまま空調の効いた電気屋さんへ。

財布なんか持っていないのに、電気屋さん巡りは楽しかったなぁ。でも、ね、東大から出て、といっても、卒業ってんじゃなくから入って、池之端門からそそっと出ただけ、です。門が開かれていたから、入っただけで、不法侵入でもないと思われます。

それはともかく、東京のアスファルトの道路を歩くと、もう、排気ガスやビルの空調の室外機からの熱風が苦しくなるほどだったんです。しかも、彼の地は、坂が多い。だから、当然、坂を登る車は、谷底からはい出ようとしてアクセルを必要以上に踏むから、ますます谷底に排ガスが溜まるんですね。きっと。

目にも優しいウォーキング

島根県の出雲にIターンしてよかったってことは、いくつもありますが、その一つが、ウォーキングしていて熱風にあおられないことでしょうか。

だいたいが、室外機が道路から見えるなんてこと、ほとんどありません。いえ、クーラーが普及していないなんて、そんなこと言おうとしているわけではありません。いえ、この際、声を大にして申し上げますが、出雲にだって、クーラーはあります。冬は寒いし、夏は暑いのです。ただ、敷地が広いから、室外機が見えないだけなんです。ほんとうです。ついでに言えば、暑さ寒さだけじゃなく、湿度にとても恵まれています。って、へんですね。

脱線ついでに申し添えますと、島根県って、肌のきれいさナンバーワンなんですよ。正確に言えば、4年連続日本一だったのです。

化粧品のポーラによる「美肌県グランプリ」ってのがあります。毎日新聞によると、『2012年の第1回から4年連続1位だった島根県は2位で連覇を逃し、広島県が初めて1位となった。』

ポーラサイト

すごいでしょ。美肌偏差値、たったゼロコンマ3の僅差だったんです。しかも、中国地方3県でワンツースリー独占です。

あらためて緑の中のウォーキング

脱線から、もとの道に戻りますっ! 私あらかんマリオのお気に入りのウォーキングコースをご紹介しましょう。室外機の熱風にも、車の排気ガスにもじゃまされないすてきなコースです。

しかも、コース途中には、あの名作の風景が待っているのです。

出雲市東部を流れ、宍道湖に注ぐ、斐伊川の土手に登って歩くコースです。早朝5時半。

その時刻になると、きっと目が覚めてしまう、すっかり中高年が板についた、あらかんマリオは、もぞもぞと起き出し、形ばかりのストレッチをしてから、ゆっくりと歩き出します。

その際、スマホにイヤホンを差し、持って出ます。このイヤホン、マイクロフォンつきで、電話に出ることもできますし、自分の声を録音して楽しむことさえ、できちゃうというすぐれもの。

これで、ラジオを聴きながら歩き出すのです。

足の写真

なんだか、やなもの、見せちゃいました。朝っぱらから。失礼しました。

それよりも、コースです。

土手のコース

これが、斐伊川の土手のコース。右側が、なんとゴルフ場だったりもします。まだ、この時間誰もいません。

時折、ウォーキングや犬の散歩の方たちとすれ違います。

誰も、彼も、みーんな、中高年です。元気いっぱいです。

ただ、あらかんに限らず若者にも、水分補給は必須です。

こういうウエストベルトに水分補給できるボトルを付けるのもいいですね。

もっと、軽いタイプ、しかも、格安・・これできまりかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウォーキングポーチ【10P27May16 P14Nov15】【SS10】
価格:600円(税込、送料別) (2017/7/14時点)

このコース、サイクリングのコースにもなっているようです。

宍道湖まで11キロ

このまま歩いていけば、宍道湖にたどりつきます。ほんの11キロです。ただ、忙しい私マリオには、難しいと言わざるを得ません。ガマンしましょう。

また、このコース、とても安心です。というのも、一般車両が通ることがないからです。ただ、時折、車とすれ違うのは、マボロシかもしれません。でも、私は見た。

カンバン

もう少し行くと、河川敷公園があります。野球場やバードゴルフ場、なんと、ラジコンカーのコースもあったりします。

ついに出雲にあの風景が

その、野球場の外野のフェンス代わりが、とてもステキなんです。それがこちら・・・。

糸杉かな

いかがです?

どこかで見たような、あの、例の絵、似ていませんか?

糸杉

出典:http://sumau.com/page_category/parent_information/information/7515.html

ね。まさに、糸杉でしょ。

早起きは、三文の得って。安すぎでしょう。

ちなみに、斐伊川土手の写真、すべて今朝撮影したものです。ほんとうです。

長文、ここまでお読みくださって感謝いたします。もしも、「面白かったよ」と思われた方、こちらの3つのボタンを、ポチ・ポチ・ポチっと
 にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 出雲情報へ 
クリックしてくださいませ。m(__)m