男メシには具だくさんの洋風ミソ汁

シェアする

スポンサーリンク

出典:http://yagenbori.jp/store/index.html

七味はやげん堀と決めています。

私あらかんマリオは、還暦前、東京に住んでいた頃は、浅草の新仲見世通りにあるお店で500円ずつ購入していたものでした。お店では、やさしそうな女店員さんがその場で7つの薬味を調合してくれたものです。そう、ほかの誰のためでもなく、私だけのために、どんな我がままな注文にも応えてくれたのです。

「中辛で香りたかく」これが、私マリオのお好みです。

きっと、唐辛子を減らし陳皮や山椒を多めにしてくれていたのでしょう。世界でたったひとつの私だけの七味、その誕生の瞬間でした。

こうしてもらうと、たんなる「かけうどん」が一気にリッチな「オレのかけうどん」になってくれるというわけです。

いまは、オンラインショップを通じて購入しているのですが、近頃、洋風七味も合わせて注文しています。

この、洋風七味の成分ですが、ちょっと列記してみましょうね。

唐辛子、陳皮(みかんの皮)、けしの実、
ガーリック、パセリ、バジル、オレガノ

いかがですか?

バジルも入っているのです。この顔ぶれをみると、しっかりフレンチ・気軽にイタリアンになりそうです。

ピザに振りかけたりしたら、もう、和洋合体・国際親善が超かんたんに実践できるということです。

さて、それでは、本題です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

洋風具だくさんミソ汁

男が厨房に入り、気軽にご飯をつくる場合、なるべく作業工程を減らすことが肝要です。

ご飯は、具入りの炊き込みご飯(かやくご飯)にしたいもの。これについては、先日の「男メシなら繊細大胆カンタンに」を参照していただきたいと思います。

そして、一汁一菜を合体させて、具だくさんミソ汁を付け合わせたいというわけです。

参考にさせていただいたのが、いまや人気料理研究家のおいしいもの研究所・土井善晴先生

検索をすると、テレビ番組「おかずのクッキング」のサイトに驚きの写真があるのです。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/okazu/contents/onair/0048/

すごいでしょ。トマトやピーマンをいいとして、トーストした食パンを巨大なクルトンにしていいるんです。

見事です。

さて、私マリオとしては、もっと大人しめにいこうかと思います。だって、男の料理ですから。

材料:なんでも材料に

さあ、それでは、材料表です。

タマネギ・トマト・ズッキーニ(きゅうりで代用)

キノコ類

味噌

オリーブオイル

こんなところです。

男の料理としては、やはり彩りですね。ニンジンやピーマン、パプリカ、シシトウ、オクラなどなどがあってもいいでしょう。

男ならサクッとレシピ

  1. 材料を食べやすい大きさにカット材料
  2. 鍋に、オイルをしいてまずは、タマネギから炒めはじめ、つづいて一気に固形物の材料を炒めます。タマネギいためる
    やさいを炒める
  3. 少しばかり、香ばしく炒めてから、分量の水を投入。1人ならカップ1杯半程度。
    柔らかくなるまで中火で煮ます。
    ただし、歯ごたえが欲しい場合は、煮すぎないのがいいよね。
  4. 味噌を溶く。
    1人分なら大さじ7分目ぐらいでしょうか。お好みで。薄味で仕上げ、最後に薄すぎる場合は、ほんの少ししょう油を加えるという手もあります。
    あらかん世代としては、塩分より辛味でいただきたいもの。
    味噌を入れたら、煮立たせない。せっかくの発酵食品がだいなしになります。
    味噌をいれる
  5. 最後に、洋風七味を振りかけできあがり。もちろん、和風七味でもOK。洋風七味かけた図

いかがですか?

洋風七味が国際親善しているでしょう! この、洋ちゃんってば、いい仕事してくれます。

厚い夏も、これは、いけます!

長文、ここまでお読みくださって感謝いたします。もしも、「面白かったよ」と思われた方、こちらの3つのボタンを、ポチ・ポチ・ポチっと
 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
クリックしてくださいませ。m(__)m
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする