暑いからペペロンチーノはそうめんで

シェアする

スポンサーリンク

麺といえば、ソバが好き。

それが、仕事で四国に行ったとき、コシのあるうどんが好きになりました。さて、出雲にやって参りまして、こんどは、こちらの出雲ソバも好きになりました。色黒でがっしりとしたたくましさがあります。こちらでは、ソバの実を皮ごと挽くので、色が濃く香りも強いのです。

ただ、暑い。今年は、ことのほか暑い。

だからできるだけ、ガスを使う時間を短くしたいと思います。そう。ゆで時間が短いそうめんを使ってランチとしたいと思います。

ただそうめんつゆをつくって食べるだけ。じゃ、つまらない! ということで。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あっさりそうめんペペロンチーノ

ということで、大胆に和風イタメシということで参りましょう。

麺のゆで時間はたったの40秒。炒める時間も1分もあればいいでしょう。これは、まさに省エネにも貢献するということになるわけで、まさしく一石三鳥ですね。

え? 3つもあるかって? それは、あなた、あるでしょう・・・、えーっと、ゆで時間短いからガス代が浮くし、省エネだし、ね、あとは、イタメシ風ということです。これで3つ。

我田引水というお褒めの言葉をいただいたところで、材料です。

和風的材料

そうめん

塩、鷹の爪、ニンニク

オリーブオイル

夏野菜 例えば、きゅうり、トマト、ピーマン

あるもの 例えば、キャベツ、ニンジン、

調味料:ハーブ塩、西洋七味などいろいろ

要するに、そうめんとオリーブオイル、鷹の爪、塩、ニンニクがあれば、よし。ということです。忘れてました。水も。

さぁ、お水をお鍋いっぱいに入れて沸かしたら、つくりましょう。

ゆで始めたらいっきです。

ペペロンチーノ的レシピ

  1. フライパンにオリーブオイルを少しばかりひいて、鷹の爪にニンニクを炒炒める
  2. 他の野菜も加えて炒めよう。
    野菜をいためる
  3. たっぷりのお湯に塩をひとつまみ加え、そうめんをゆでる。
    ゆで時間は、だいたい40秒ぐらいの固め。
  4. フライパンに、固ゆでそうめんを投入。
  5. ゆで汁を加えながら、混ぜ合わせ、野菜と仲良くなったら、皿にこんもりと盛りつけ。
  6. たまたま買っていたハーブソルトとか西洋七味を振りかける。
    ハーブソルト

ということで、そうめんがゆで上がったら、数分後にはテーブル上で餌食になるというスピーディーさ。

そうめんペペロンチーノ出来上がり

食レポも一気に

そうめんって、一気に炒めないと、すぐに水分が蒸発して、フライパンにくっついやいます。ゆで汁を追加しながら、炒めてくださいね。

いやぁ、忙しいでしょ。

逆にいえば、お昼をつくる気になったら、もう、すぐに出来上がるというわけです。

そうめんペペロンチーノ

いかがですか。見るからに、涼やかでしょう。

塩分強めのほうが、汗をかく夏にはいいかもしれません。

さて、お味のほうは・・・

結論から申し上げます。

夏ならばOK。といったところでしょうか。とても、軽い感じです。きゅうりの歯ごたえもいい感じです。パスタよりものど越しがいいですね。

ただ、個人的に申しますと、スパゲティがいいなぁ・・・。ってことです。

上記のレシピのところ、そうめんをスパゲティまたはパスタって置き換えればいいわけです。ゆで時間だけは、お気を付けください。これについては、またあらためて・・・。

長文、ここまでお読みくださって感謝いたします。もしも、「面白かったよ」と思われた方、こちらの3つのボタンを、ポチ・ポチ・ポチっと
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
クリックしてくださいませ。m(__)m
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする