カルディで気になるスープ無し麺で鍋

シェアする

スポンサーリンク

以前、ちょっと雑貨屋チックでエスニックなお店、カルディのことを書きました。

品揃えが、面白くて、ときどきブラリと店内を歩くことがあります。ショッピングにと、書かないところが、奥ゆかしいといえませんでしょうか。つまり、買う気もないからでしょう。

こんな記事でした。

お湯も沸かせないあらかん男性にもできるパクチーラーメンの作り方。

このときは、ベトナム風の袋麺、パクチー・ラーメンでした。

だんだん寒くなって店頭の雰囲気も変わってきました。

韓国の袋麺が気になります。

カルディのオンラインショップでも購入できます。こちらです・・・ オットギ サリ麺(ラーメンサリ)

楽天でも販売されています。オットギ サリ麺 110g x 5袋 ★楽天最安値挑戦★

もうすでに、気付いた方、ステキです。

「麺のみ●スープは入っておりません」

この表示、ちょっと大胆ですね。ラーメンらしいのですが、スープ無しなんです。でもね、思い出してください。日本のお蕎麦だって、乾麺にはスープなんてついていません。そうなんです。スープは自分流につくるのがいいのでしょう。

しかも、袋の下手、横位置には、「鍋用」ともあります。

ならば、スープはますます不要です。ということで、割安になっているのでしょうか。どうなんでしょう。このあたり、よくわかりません。

おや!

さらに、袋の下位置に「内容量:110g」と、さりげなくも太字で表記されています。

これは、日本のラーメンではあり得ないことです。そんな気がします。太っ腹です。

いよいよ、お待ちかねの袋の裏側、ご覧いただきましょう。

こちらです!

袋の裏面

チゲ鍋、もつ鍋、よせ鍋、ちゃんこ鍋、水炊き、カレー鍋・・・

なんでも合うってこと? すごい自信家です。それにしても、カレー鍋。

そんなのつくったことがありませんでした。カレーうどんは時々つくることがありますが、カレーラーメンってのは、どうなんでしょう。でも、こうして自信たっぷりにオススメ的に書かれていると、挑戦したくなります。

しかも、気圧配置は冬型、熱くなるカレー鍋でまいりましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スープ無し袋麺でカレー鍋

これは、もう、簡単です。料理といえないでしょう。でも、書いちゃいましょう。乗りかかった船です。どんなつまらない料理も、全身全霊をかけ死闘を繰り広げるのが、あらかん的料理なのかもしれません。まったく、ばかばかしい話ではあります。

サリ麺入りカレー鍋の材料

  • サリ麺
  • 豚肉などのスライス
  • キャベツ、ダイコン、タマネギ、ニンジン、もやし、ネギなど
  • 豆腐、油揚げ
  • キノコ類
  • カレー粉またはカレールーのもとなど
  • 砂糖、しょうゆ、ダシの素

こんなところです。

では、つくってまいりましょう。

サリ麺入りカレー鍋のレシピ

  1. 鍋でタマネギを軽く炒め、カレー粉を投入、香りを出す
    カレールーならば、炒める必要はありません。
  2. 水を加え、肉やダイコン、ニンジンなど煮えにくいモノから煮込む
  3. キャベツなど歯ごたえを楽しみたいモノを入れ、調味。砂糖をきかせるのがいいかも
    味つけは、余り濃くしないほうがいいでしょう。
  4. 豆腐や油揚げも入れて、煮えたモノからいただき、シメにサリ麺を投入
    数分は煮込むのがおいしいでしょう。

要するに、カレー風味の鍋です。

こんな感じです。

カレー鍋

いかがですか? カレーの風味、写真から感じられますか?

え?そうですか。 まさか、辛味まで届くとは思ってもいませんでした。ありがとうございます。

いよいよです。サリ麺を投入しましょう。

サリ麺投入

ある程度、柔らかくなるまで、かき混ぜないほうがいいようです。麺が折れちゃいますし、スープがにごります。

シメの、できあがりです。

シメの出来上がり

いかがですか?

なんだか、トンコツ風ラーメン的画像です。どうも、黄色を強調しようとして、暗くなっちゃいました。

さぁ、実食です。

これが、太麺がモチモチでなかなか美味しかったんです。

しかも、いろいろな具材からでた旨味とカレー粉の辛味が太麺の上でマッチして、予想以上でした。

ぜひ、お気軽にお試し下さい。・・・それにしても、麺料理が多いなぁ・・。

長文、ここまでお読みくださって感謝いたします。もしも、「面白かったよ」と思われた方、こちらの3つのボタンを、ポチ・ポチ・ポチっと
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
クリックしてくださいませ。m(__)m
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする