梅雨の合間のソロキャンプは無料キャンプ場がいい

シェアする

みんなでわいわいキャンプもいいけど、たったひとり焚き火と対話できるソロキャンプはもっといいよね、しかも、キャンプ場が無料だとうれしい。そんなキャンプ場が出雲市のおとなり・島根県安来市にあります。

中海に面しているその名も「十神山・なぎさ公園(とかみやま・なぎさこうえん) 」。いいでしょう。いかにも、海有り山有り、なぎさ有り。ありありです。

なぎさ公園でテント張り

こんな感じのところです。

空撮写真

空撮写真が、ありました。いいでしょう。海に突き出しています。しかも、うっそうとした森があるんです。これが、十神山なんでしょう。

地図で見ると、さらにうれしいことが・・・。

キャンプ場と鬼太郎空港の地図

地図の上の方・・・、なんと空港が横たわっています。例のご当地漫画家水木しげるさんの作品から名前をとったという空港。ということは・・・、もしかしたら、キャンプ場から飛行機の発着が見えるかもしれない、いや、きっと見えるに違いないという機体が、いえ、期待がわいてきます。きませんか?夜間飛行のライトが湖面に映るんだろうなぁ、なんて。

まずは無料キャンプでも予約から

いくら無料といっても予約が必要です。

電話で簡単に予約できます。お相手は、安来市役所土木建設課 受付時間は平日のみの8:30~17:15。そう、平日です。ご注意くださいね。

さぁ、出雲市内で、心細くなった薪をホームセンターで調達して出発したのが、おおよそ1時半過ぎ。国道9号線を宍道湖南岸を走ってさらに中海沿いにやってきます。

東京暮らしでは必要ないモノで、田舎暮らしで必要不可欠なモノ、それは、車、そして、それを運転するための免許証。

不肖マリオは、自慢ではないが、高校卒業以来40年、免許というモノはもっておらず、そう、持っていなかったため、自分自身を証明する写真付きのものは、期限の切れたパスポートぐらいだったかなぁ。あれは、住所は手書きだったし・・、おまえは誰だと言われても、写真で証明できるモノはふだんから携帯してなかったということではありました。

が・・・。なんと、還暦直前に取得したのでした。

免許証! しかも、オートマではなくマニュアルで取得。これは、快挙でしょう。だって、くどいようですが還暦直前ですから。

教習所の教官のひとりが、「今からでも、オートマ限定にしますか?」なんて、助手席でつぶやいたほどですからね。私は、よほど、覚えのいい生徒だったことでしょう。

さぁ、先を急ぎましょう。

国道9号を出雲から東に向かっていくと、1時間ほどで安来駅前の交差点に来ます・・って、安易な道案内ですが、それ以外になんと言っていいか、まぁ、その交差点を左折して中海沿いにすぐに右折します。

なぎさ公園までの道のり地図

ここからが、ちょっと難しい・・。Yahoo!ナビを使っていても、曲がるところが間違えそう・・・。いえ、正直に書くと、間違えました。はい。間違えたのは、あらかんマリオです。

なんといっても、住宅街のなかを走っていくと、何カ所かに看板があります。

「十神山なぎさ公園キャンプ場」左折・・・なんていう看板です。

そこから、狭い道を、山をひと山越える感じで走り抜けると、いきなり、中海が林越しに見え、駐車場に出るというわけです。

いよいよソロキャン開始はテントから

ソロということは、当然、ひとりっきりでテントを張らなきゃなりません。カマドや焚き火、ぜーんぶ、ひとりでやるんです。ひとりじゃ、なーんにもできない男が、やるんですからたいへん。

だから、なるべく、機材的には簡略なモノがいいわけです。

凝っちゃいけません。

そして、今回のキャンプ場、問題があるとすれば、オートキャンプ場じゃないってことなんです。どういうこと化って申しますと、駐車場とキャンプ場が少なからず、離れているということなんです。それだけです、この十神山なぎさ公園キャンプ場の唯一のつらいところが、駐車場からキャンプ場まで荷物を運ばなきゃならないということです。ひとりで・・・。

まぁ、泣き言いっても始まらないので、荷物運びから始めましょう。

ふと探したら、荷物運びに便利なカート、折りたたみ式がありました。

便利なキャリー

【1年保証】キャリーワゴン 折りたたみキャリーカート[送料無料][あす楽]

価格:7,992円
(2017/7/3 13:49時点)
感想(933件)

これがあれば、荷物運びもひとりでできたなぁ・・。さて、まずは、テントから。

テントは、至って簡単に設営できます。これです。North Eagle(ノースイーグル) テント ワンポールテント 300 [3~4人用] NE156

ワンポールテントどうですか。まるで西部劇に出てくる?ような、雰囲気。

おしゃれでしょ。このテント、ワンポールテントというくらいですから、ポール1本立てればできちゃう。

まずは、8本のペグでテント下部のシートを固定して、なかで四つ折りになっているポールをえいやって突っ張ればあっという間に出現します。オシャレです。

じつは、あらかんマリオがこれをアマゾンで購入したのが、アマゾンの購入履歴をみると、2015/9/5、気になるお値段¥13,108。

ところが、今日2017/7/1現在、¥ 19,311。やっぱり人気が出たんでしょうか。でも、お買い得だと思います。

このテントの良さは、内部で立って着替えができるといことです。これは、今までもっていたテントでは考えられないことで、最初は、すっかり魅せられてしまいました。感激でした。

ここに、安物ではありますが、ミニ ヘキサゴン タープをくっつけます。2本ポールがあるんですが、1本にしてテントにくくりつけちゃうというわけです。そうすると、設営も簡単になるんです。だって、片方、テントに付けているから、あとはポールを立てればいいんですからね。まぁ、文字でみるとややこしいんですが、写真をどうぞ。

テントにタープを連結

タープも付けちゃえ

男なら焚き火で肉を食え

さぁ、こうなるともう、汗書いてきています。

そうです、のども渇きます。冷たいビールが飲みたくなります。

いや、まだ早い。そう、とりあえず、焚き火とコンロの用意だけでもしてからね。

焚き火セットは、これもかなりお買い得、もう、すっかり元は取ったよね。

焚き火台ヘキサゴン

もう、何回使ったでしょう・・。真っ黒になっていますが、まだまだ現役。これで火をおこしてお湯をわかしてコーヒーを飲む・・。それだけでもう気分はカウボーイ。

ソロキャンの場合、料理は、といっても肉を焼くぐらいですが、七輪がいいんです。ついでに炭の火消し壺になるというすぐれもの。それが、こちら・・。

ということで、どんなことになるかといいますと、こんな感じです。

焚き火と七輪

肉を焼いて食う

さぁ、かんぱ~い。ひとりでも、いや、ひとりだから、気楽でいいのだ。

だんだん、日が暮れてきます。

わがまま放題ソロキャンプの楽しみ

ひとり、自然の音をさかなに飲んじゃうのだ。

いや、音楽を聴いてもいい。便利なのが、Bluetoothスピーカー。

スマホにワイヤレスでつながるのがいいんです。コードってじゃまになりますからね。

スマホ連携ワイヤレススピーカーが便利

PHILIPS SHOQBOX ワイヤレスポータブルスピーカー Bluetooth対応

これ、シンプルだしいいんですよ。タフだしね。

正面に日が沈むんだ。日立の工場があるのが、また、いいかも、工場萌えって。

ああ、至福の時だね。鬼太郎空港に着陸する飛行機のランプが見えたりして。

向かいの工場に日が沈む

ということで、夜は更けていきます。

長文、ここまでお読みくださって感謝いたします。もしも、「面白かったよ」と思われた方、こちらの3つのボタンを、ポチ・ポチ・ポチっと
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
クリックしてくださいませ。m(__)m